【おうちワンコインバル】第三十回:チーズたっぷりトマト鍋

【おうちワンコインバル】第三十回:チーズたっぷりトマト鍋

今年は東京での初雪が、はや11月にありました。着ていく服や靴、道路状況の心配など、雪に慣れない生活をしていると少し慌ててしまいます。

そんな寒い日は、家を出るときから、温かいお風呂や体の温まる晩ご飯を想像してしまいます。
今夜のワンコインバルは、チーズたっぷりのトマト鍋。
寒風のなか、家路を急ぐだんなさまの帰宅を、クツクツと音をたててるお鍋の番をしながら待つとしましょう。

【おうちワンコインバル】第三十回:チーズたっぷりトマト鍋

材料

材料 2人分

     
  • シュレッドチーズ 100g 125円
  •  
  • トマト缶 1缶 100円
  •  
  • 固形ブイヨン 1個 10円
  •  
  • にんにく 1片 5円
  •  
  • オリーブオイル 大さじ1 5円
  •  
  • しめじ 1/2株 50円
  •  
  • ソーセージ 4本 140円
  •  
  • ブロッコリー 2房 25円
  •  
  • セロリ 5cm 40円
  •  
  • 水 400cc
  •  
  • 塩・胡椒 少々
  

材料費:500円

※材料費は大手スーパーの現在価格を参考にしています
※塩など材料費が1円未満のものは費用に含んでいません

作り方

  1. 下ごしらえ

    【おうちワンコインバル】第三十回:チーズたっぷりトマト鍋

    にんにくは、包丁を寝かせてつぶし、セロリは粗めのみじん切りにします。 しめじは、そのままか半分の長さに、ソーセージは1/4に、ブロッコリーは1房を1/2~1/3の大きさに、それぞれカットします。

  2. 煮込む

    【おうちワンコインバル】第三十回:チーズたっぷりトマト鍋

    小鍋にオリーブオイルを引き、にんにくを焦がさないようにソテーします。
    次にセロリ、しめじ、ソーセージを加え炒め火を通し、さらにトマト缶と水、コンソメ、塩胡椒をを加え20分ほど煮込みます。
    このとき、ペンネなどのパスタを加えると、ボリュームアップします。

  3. 盛りつけ

    【おうちワンコインバル】第三十回:チーズたっぷりトマト鍋

    いただく5分ほど前に、シュレッドチーズとブロッコリーを加え、シュレッドチーズがとろけたところでできあがりです。

「はい、お待たせしました、チーズたっぷりトマト鍋です」

寒い冬の夜には鍋料理が欠かせません。トマトをベースにしたトマト鍋は、彩りも鮮やかで食欲をそそります。
いっしょに煮込む野菜はなんでもOK、冬であれば大根や白菜など、お好みでアレンジできます。

【おうちワンコインバル】第三十回:チーズたっぷりトマト鍋

トマト料理や、手軽なパスタ料理と相性のいいイタリアの赤ワインはいかがでしょうか。スクリューキャップで開けやすく、価格も2,000円未満のイタリア トスカーナ地方のワインです。
とても庶民的な面持ちですが、木樽で熟成しているので、味わいに深みがあり、じっくり煮込んだトマト鍋にとても合います。

【おうちワンコインバル】第三十回:チーズたっぷりトマト鍋

Monte Antico IGT/モンテ・アンティコ IGT 750ml
イタリア産 購入価格1,814円

鍋料理は材料を切っておくだけなので、手抜き料理になるのかもしれません。前日の鍋で使った白菜などが残ってしまうと、豚肉を鶏肉にかえるなどして、二日連続の鍋料理という荒業にでるのはわが家だけでしょうか。

近ごろは、主婦の手抜きを応援する「リメイク」というおしゃれな言葉もあります。二日目の鍋に、トマトやチーズを加えて、家族の胃袋を虜にしてしまうテクもありかもしれません。

生方ミソラ

家計の時間ライター

育ち盛りの男の子とダイエット宣言を繰り返す女の子に「親育て」を毎日やってもらっています。唯一、母らしいことと言えば、肴にもなる美味しい晩ご飯をつくること、一週間分の献立は週末に決まります。週末に買い出し&下ごしらえ、これが仕事と家庭の両立のかなめ。さてさて、今宵は何を呑もうかな?

ほけんの時間
PAGE TOP ↑