【フラット35】の金利が安くなる!「優良な住宅基準」は約87万円もお得?

【フラット35】の金利が安くなる!「優良な住宅基準」は約87万円もお得?

長期間支払う住宅ローンですから、金利は少しでも安いほうがいいと考える人は多いのではないでしょうか。住宅金融支援機構の【フラット35】を使った場合、物件によって金利が変わります。最大10年間金利が値引きされるという、その条件をみてみましょう。

【フラット35】ってなに?

【フラット35】の金利が安くなる!「優良な住宅基準」は約87万円もお得?

【フラット35】は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と民間の金融機関が提携した住宅ローンで、公的ローンと民間ローンの特徴がミックスされています。
ほかの公的融資は、【フラット35】より金利が低くならないように設定されているため、基本的に金利は低めです。

特徴

  • 最長35年(フラット50は最長50年)

  • 金利が変わらない「固定金利」

  • 保証料0円

  • 繰り上げ返済手数料0円

  • 団信の加入が必須ではない

  • 取り扱い金融機関によって金利が異なる

  • 質の高い住宅は金利を引き下げる

金融機関によっては、保証料が別途かかり初期費用が増えるケースがありますが、フラット35では保証料はかかりません。繰り上げ返済に手数料がかからないのも、着目したいポイントです。

このようにさまざまなメリットがあるなかで、ここでは「質の高い住宅は金利を引き下げる」の項目について詳しくみていきます。

優良な住宅は金利が安くなる

【フラット35】を利用して、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を所得する場合、一定期間、金利を引き下げる【フラット35】Sが適用される可能性があります。

【フラット35】Sはふたつのプランがあります。

hura2

Aプランは10年間、Bプランは5年間、適用された金利より0.3%引き下げられます
実際に住宅ローンを組んだ場合、どれくらい金額に差が出るかを見てみましょう。

hura3

【試算例】借入額3,000万円(融資率9割以下)、借入期間35年、元利均等返済、ボーナス返済なし、借入金利年1.48%※の場合
※ 平成28年2月において返済期間が21年以上35年以下、融資率9割以下の場合で取扱金融機関が提供する最も多い【フラット35】の金利

Reference:住宅金融支援機構【フラット35】

総返済額を比較すると、【フラット35】S金利Aプランは、875,173円もお得です。金利Bプランでも471,083円お得になります。

ひとつだけでも基準を満たすことがカギ

hura4

Reference:住宅金融支援機構【フラット35】技術基準・検査ガイドブック

【フラット35】Sが適用されるには、以下4つの条件のうち、ひとつでも満たすことが必要です。

  • 耐久性・可変性
    住宅の基礎部分を高くしたり、木材の防腐、防蟻措置などで家を長持ちさせる工夫がされていること

  • 省エネルギー性
    壁の断熱材が一定の厚みや、窓の断熱、結露対策がされているなど、夏は涼しく冬は暖かくなる工夫がされていること

  • 耐震性
    数百年に一度程度発生する地震(震度6強~7程度)で、人命に被害を及ぼすような倒壊等の被害を生じないこと

  • バリアフリー性
    段差をなくし、手すりを設けるなどバリアフリーにし、介助が必要になったときのために、介助用のスペースがあることなど

上記の性能を国が定めた等級にあてはめることで、【フラット35】Sの金利Aプランか、Bプランかに分かれます。
この基準を見ると、「長期間住みやすい住宅」が対象になると言えそうです。

新築に限らず、中古物件でも適用されるので、住宅購入を考えるのであればひとつでも当てはまるものを選べば【フラット35】Sが適用される可能性が高まります。

同じ金額の住宅であれば、ひとつでも【フラット35】Sの基準を満たすものを選ぶと、金利は下がるのでお得です。建築を考えている場合は、ハウスメーカーや工務店に【フラット35】Sが適用される家がいいと相談すると、希望に沿って設計してくれます。 長く住める理想の住まいにすると、金利が下がるのはうれしい制度ですね。

かわなかりさ

家計の時間ライター

大阪出身。化粧品会社を経営している美容一家で育ち、ビューティーアドバイザーとしてたくさんの女性の悩みを解決。 出産後、食の細い娘のためにキャラ弁を作りをはじめ、その後キャラ弁講師となりイベントや雑誌に出演。現在は、シニアライフプランナー時代の保険コンサルティングの経験を生かし、子育て中の立場から、家計、保険、住宅購入などマネーのライターとして活躍中。

ほけんの時間
PAGE TOP ↑