12月8日は今年最後のダブル吉日!縁起担ぎにしておきたいこと7選

12月8日は今年最後のダブル吉日!縁起担ぎにしておきたいこと7選

天赦日(てんしゃび/てんしゃにち)は、日本の暦において最高の吉日とされる日です。2016年中は最後となる貴重な日に、起こしてみたいアクションを考えてみました。

2016年12月8日は天赦日&一粒万倍日のダブル吉日

12月8日は、天赦日と一粒万倍日(いちちゅうまんばいび)が重なる日です。

天赦日とは

天がすべての罪を赦す日。「百神が天に昇り、万物の罪を赦す日とされ、最上の大吉日」とされています。
どんなことをしてもいい日で、とりわけ新しいことを始めるとよいといわれています。

また、ほかの吉日と重なるとよい運が倍増すると考えられています。

一粒万倍日とは

一粒の籾(もみ)が万倍に実る稲穂のように、出したものが万倍になって返ってくるとのいわれがある日で、何ごとを始めるにもよい日とされています。

今年最後のスペシャルデー、どんなことをすると吉?

天赦日と一粒万倍日が重なる最高の吉日にあやかって、この日にすると縁起がよさそうなアクションを集めてみました。

宝くじの購入

12月8日は年末ジャンボ宝くじの販売期間内です。2016年の年末ジャンボ宝くじの賞金は、サマージャンボ宝くじの1等5億円からさらにパワーアップした1等7億円!1等・前後賞あわせて10億円です。
また、今年の年末ジャンボミニは、1等1億円。年末ジャンボプチは1等1,000万円です。

財布の使い始め

金運アップを期待したいなら、財布を使い始める日にするとよいかもしれません。
よりお金にとって居心地のよい財布に整えるには、まず、財布を使う前に7~10日間、多めにお札を入れて北側の人目の触れない場所に置き、財布に「いつもこれくらいの金額は入っているものだ」と覚えさせる期間を設けると吉。

12月8日から財布を使い始めたいのであれば、11月28日~12月1日頃までに、財布の準備をするとよさそうです。金運アップ財布の詳しい準備方法は、以下でご紹介しています。

銀行の口座開設・投資

一粒が万倍にもなって返ってくるといわれる一粒万倍日にもあたる12月8日。縁起担ぎで銀行口座の開設や、投資を始めてみるのもよいかもしれません。

プロポーズ・結納・結婚・入籍

天赦日と一粒万倍日が重なる日スペシャルデーは、おめでたいことにも向く日といえるでしょう。せっかくなら、お祝いごとはよい日取りに、と考えるなら、意識してみてもよさそうです。

新しいビジネス・開店・趣味・習いごとを始める

新しいことを始めるのに適した日です。新しいことを進めるには大きなパワーが必要です。そこに反発の作用があったとしても、すべてが赦されることで緩和され、うまく進むといわれています。

和解

ケンカの仲直りや和解にいい日。夫婦関係がぎくしゃくしているなら、話し合いの機会を持ったり、気まずくなった親族との食事などもいいでしょう。

引っ越し・上棟式・地鎮祭

引っ越しは自分の拠点が変わる日。上棟式や地鎮祭は、一戸建てを建築する際に行います。新たな住まいで幸せに過ごせるように、最上の吉日を選ぶとよいかもしれません。

天赦日と一粒万倍日は、どちらも単体でも吉日とされています。そのふたつが重なる12月8日は最高の日です。筆者は年末ジャンボ宝くじを購入したいと考えています。新しく、何かをはじめたいと考えている人は、この日から始める準備をしてみるといいかもしれません。

かわなかりさ

家計の時間ライター

大阪出身。化粧品会社を経営している美容一家で育ち、ビューティーアドバイザーとしてたくさんの女性の悩みを解決。 出産後、食の細い娘のためにキャラ弁を作りをはじめ、その後キャラ弁講師となりイベントや雑誌に出演。現在は、シニアライフプランナー時代の保険コンサルティングの経験を生かし、子育て中の立場から、家計、保険、住宅購入などマネーのライターとして活躍中。

ほけんの時間
PAGE TOP ↑