共働き夫婦が、生命保険控除のメリットを最大限受けるには

生命保険料控除を行うことで、会社員は還付金を受け取れ、自営業者は支払う税金を安くできます。夫婦それぞれが保険に加入した場合、どうすれば節税のメリットを最大限活かすことができるのでしょうか。共働き夫婦のタイプ別にみていきましょう。

生命保険料控除の上限額

生命保険料控除は、1年間に支払った保険料を、年収から差し引く(控除)することで、課税の計算に必要な所得(課税所得)を少なくできる制度です。

( 年収 - 生命保険料控除や、その他控除 ) × 税率 = 控除後の税金

上記のように年収から差し引かれるので、控除される金額が多ければ多いほど、支払う所得税や住民税が少なくなります。
それなら保険料を払えば払うほど得かというとそうではなく、生命保険料控除には上限額があります。

所得税の生命保険料控除上限額は12万円住民税の生命保険料控除上限額は7万円までとなっています。
それぞれの内訳など詳しい内容は「保険料を払うと税金が安くなる!生命保険料控除の仕組み」をご参照ください。

共働き夫婦で控除を受けることができるのはどっち?

共働き夫婦でそれぞれ保険に加入している場合、夫と妻、どちらが生命保険料控除を受けることができるのでしょうか。

生命保険料控除を受けることができる人は、保険契約者や被保険者ではなく、実際に保険料を支払っている人です。

たとえば、夫名義の銀行口座から夫婦ふたり分の保険料を支払った場合、生命保険料控除を受けることができるのは夫のみとなります。

夫と妻、それぞれが自分名義の銀行口座から保険料を支払った場合は、ふたりとも生命保険料控除を受けることができます。

フルタイムで働く妻は自分で生命保険料控除を受けると◎

夫婦ともにフルタイムで働いているとして、生命保険料の支払い口座の違いでどう変わるかを見ていきます。

<夫、年収400万円 妻、年収300万円>

夫の年間保険料

  • 生命保険(終身保険) 10万円
  • 医療保険 5万円
  • 個人年金保険 12万円

妻の年間保険料

  • 生命保険(終身保険) 8万円
  • 医療保険 5万円
  • 個人年金保険 12万円

夫名義の銀行口座で夫婦の保険料を支払った場合

夫婦の保険料を夫名義の銀行口座から支払った場合の税金を試算してみます。

  • 夫の所得税
    86,600円 → 78,850円 (差額7,750円)
  • 夫の住民税
    177,100円 → 170,100円 (差額7,000円)
  • 妻の所得税
    54,700円 → 54,700円 (差額なし)
  • 妻の住民税
    116,800円 → 116,800円 (差額なし)
※生命保険料控除以外の控除は基礎控除、給与所得控除、社会保険料

夫の税金は所得税と住民税を合わせて14,750円の節税になりました。

夫と妻、それぞれの保険料を自分の銀行口座から支払った場合

では次に、夫の保険料は夫が、妻の保険料は妻が支払った場合をみてみましょう。

  • 夫の所得税
    86,600円 → 79,200円 (差額7,400円)
  • 夫の住民税
    177,100円 → 170,100円 (差額7,000円)
  • 妻の所得税
    54,700円 → 49,100円 (差額5,600円)
  • 妻の住民税
    116,800円 → 109,800円 (差額7,000円)
※生命保険料控除以外の控除は基礎控除、給与所得控除、社会保険料

夫婦合わせて27,000円の節税になりました。
夫の銀行口座から保険料を支払うより、12,250円もお得です。夫婦共働きの人は、支払い口座をそれぞれに分けることで、ふたりとも生命保険料控除を受けることができ、効率的に節税できます。

妻が扶養範囲内でパートをしている共働き夫婦は

妻が夫の扶養範囲内で働いている場合はどうなるのか、フルタイムで働いている夫婦と同額の保険料で比べてみます。

<夫、年収400万円 妻、年収100万円>

夫の年間保険料

  • 生命保険(終身保険) 10万円
  • 医療保険 5万円
  • 個人年金保険 12万円

妻の年間保険料

  • 生命保険(終身保険) 8万円
  • 医療保険 5万円
  • 個人年金保険 12万円

夫名義の銀行口座で夫婦の保険料を支払った場合

夫婦の保険料を夫名義の銀行口座から支払った場合の税金が以下です。

  • 夫の所得税
    65,850円 → 59,850円 (差額6,000円)
  • 夫の住民税
    141,600円 → 134,600円 (差額7,000円)
  • 妻の所得税
    0円 → 0円 (差額なし)
  • 妻の住民税
    5,000円 → 5,000円 (差額なし)
※生命保険料控除以外の控除は基礎控除、給与所得控除、社会保険料、配偶者控除

夫の税金は所得税と住民税を合わせて13,000円の節税になりました。
夫の年収は、先ほどのフルタイム共働き夫婦と同じですが、妻は扶養範囲内で働いているため夫は配偶者控除を受けられる分、税額が異なります。

夫と妻、それぞれの保険料を自分の銀行口座から支払った場合

では妻が扶養範囲内で働くパート勤務夫婦で、夫の保険料は夫が、妻の保険料は妻が支払った場合をみてみましょう。

  • 夫の所得税
    65,850円 → 60,200円 (差額5,650円)
  • 夫の住民税
    141,600円 → 134,600円 (差額7,000円)
  • 妻の所得税
    0円 → 0円 (差額なし)
  • 妻の住民税
    5,000円 → 5,000円 (差額なし)
※生命保険料控除以外の控除は基礎控除、給与所得控除、社会保険料、配偶者控除

夫婦合わせての節税額は12,650円でした。
夫の銀行口座から夫婦ふたり分の保険料を支払ったほうが350円お得です。これは、妻の収入が低いため節税効果があまりないこと、夫婦まとめて支払うことで生命保険料控除の上限額が適用されたことが要因です。

妻が扶養内でパート勤務をしている夫婦は、夫名義の銀行口座からまとめて保険料を支払ったほうがお得だといえるでしょう。

支払っている保険料の金額は同じでも、妻の働き方によって、保険料の支払い方を変えることで賢く節税できます。妻がフルタイム勤務であれば、夫婦はそれぞれの保険料を自分で支払ったほうが、節税効果が高くなります。妻が扶養範囲内で働いている場合は、夫名義の銀行口座からふたり分の保険料をまとめて支払うとよいでしょう。

かわなかりさ

家計の時間ライター

大阪出身。化粧品会社を経営している美容一家で育ち、ビューティーアドバイザーとしてたくさんの女性の悩みを解決。 出産後、食の細い娘のためにキャラ弁を作りをはじめ、その後キャラ弁講師となりイベントや雑誌に出演。現在は、シニアライフプランナー時代の保険コンサルティングの経験を生かし、子育て中の立場から、家計、保険、住宅購入などマネーのライターとして活躍中。

関連キーワード

ほけんの時間の無料家計相談
PAGE TOP ↑