年収400万円の会社員が「年末調整」で「生命保険料控除」をしたら還付金はいくら?

年収400万円の会社員が「年末調整」で「生命保険料控除」をしたら還付金はいくら?

会社員が年末調整や確定申告をすると、もどってくる還付金。これは、給料からすでに天引きされている税金より、本来支払うべき税金が少ないときに戻ってくる差額です。
日本の平均といわれる年収400万円の人が生命保険料控除を行った場合、還付金はいくらになるのかを調べてみました。

生命保険料控除の仕組み

1年に支払った保険料を、年間の所得から差し引くことで「課税される所得」を少なくする仕組みです。

  • 生命保険料控除がない場合
    所得 × 税率 = 税金
  • 生命保険料控除がある場合
    ( 所得 - 生命保険料控除 ) × 税率控除後の税金

このように、税金を計算する前の所得を減らせるので、税金を少なくできるというわけです。

生命保険料控除の上限額

生命保険料控除は支払った保険料すべてが控除されるわけではありません。上限額があり、「所得税」と「住民税」それぞれの上限額は異なります。

控除上限額が所得税は12万円まで、住民税は7万円までです。

年収400万円の還付金シミュレーション

下記のAさんが保険料控除をした場合、還付金はいくらになるかを計算してみました。

Aさん

  • 年収400万円(ボーナスなし)
  • 40歳未満
  • 扶養家族1名(妻)
  • 東京都在住
  • 持ち家なし

加入している保険と保険料

  • 終身保険 月10,000円(年額12万円)
  • 医療保険 月4,000円(年額48,000円)
  • 個人年金保険 月10,000円(年額12万円)

上記の場合、生命保険料控除は上限額を超えるので、所得税は12万円、住民税は7万円の控除になります。

Aさんの年収は400万円、月収33万3,333円ですから、毎月天引きされている税金は所得税が7,820円、住民税が14,473円となります。

年間ですでに給料から天引きされている税金は・・・

  • 所得税 93,840円
  • 住民税 173,676円

合計:267,516円です。

Aさんが年末調整で控除されるもの

  • 基礎控除
  • 給与所得控除
  • 社会保険料控除
  • 生命保険料控除

Aさんは扶養家族がおらず、地震保険にも加入していないので、受けられる控除は上記の項目です。

これらを年収400万円から控除して計算した「本来支払うべき税金(年末調整後の税金)」は・・・

  • 所得税 80,000円
  • 住民税 169,300円

合計:249,300円です。

267,516円(すでに支払った税金)-249,300円(支払うべき税金)18,216円(還付金)

Aさんの場合、支払いすぎていた税金は18,216円なので、年末調整を行うと12月分の給与と同時期に還付されます。

会社員の場合は給与と同時に税金を支払っているので、本来支払うべき税額を計算するために「年末調整」を行います。
年収によって所得税率が異なりますので、すべての年収の人が同じ還付金にはなりませんが、年収400万円だと18,216円が還付される計算になりました。生命保険料控除は、生命保険料を支払っている期間は受けることができる控除です。
もしも、年末調整をし忘れた場合は、確定申告をすると還付金を受け取れます。

かわなかりさ

家計の時間ライター

大阪出身。化粧品会社を経営している美容一家で育ち、ビューティーアドバイザーとしてたくさんの女性の悩みを解決。 出産後、食の細い娘のためにキャラ弁を作りをはじめ、その後キャラ弁講師となりイベントや雑誌に出演。現在は、シニアライフプランナー時代の保険コンサルティングの経験を生かし、子育て中の立場から、家計、保険、住宅購入などマネーのライターとして活躍中。

人生でマイホームの次に高い出費は
PAGE TOP ↑