ドル建て保険のメリットを分かりやすく説明、円建て保険と何が違う?

ドル建て保険のメリットを分かりやすく説明、円建て保険と何が違う?

「円建ての保険」とは、一般的に日本で販売されている保険で、保険料の払い込みや保険金などの支払いが日本円で行われる保険。これに対して「ドル建ての保険」とは、保険料の払い込みや保険金などの支払いがドルで行われる保険です。基本的な保険の仕組みは同じである、「円建ての保険」と「ドル建ての保険」の特徴についてご紹介します。

「円建ての保険」の特徴

身近でわかりやすく、元本割れがないので安心!

円建ての保険は、日本人なら誰もが日常的に使っている日本円でやりとりをするので、身近でわかりやすくなっています。また、保険金などで支払われた現金がそのまま使えるので、外貨のように日本円へ両替する際、為替の影響を受けず、元本割れしないので安心です。

インフレや円安のリスクに弱い

円だけでやりとりをする保険なので、インフレや円安で円の価値が下がった場合に、支払われた保険金などが目減りするリスクがあります。

「ドル建ての保険」の特徴

予定利率が高く、安い保険料で大きな保障が手に入る

ドル建ての保険は、円建ての保険と比べて予定利率が高く設定されています。保険会社は支払われた保険料をもとに、得ることができる収益を見込んで、その分を保険料から割り引きますが、このときの割引率が予定利率です。そのため、予定利率が高いほど、保険料は安くなります。したがって、同じ保障の円建 ての保険の商品よりもドル建ての保険の方が毎月の保険料が安くなるのです。

為替変動で利益を得る可能性もあるが、損をするリスクも

ドル建ての保険は、保険金などで受け取ったドルを円に換算するとき、為替変動の影響を受けます。円安であれば為替差益を得ることができるので大変魅 力的です。しかし、円高であれば為替差損を被ってしまう為替リスクがあり、場合によっては、元本割れする可能性も。また、ドルから円への換算の際には為替手数料が発生します。

円建ての保険とドル建ての保険

つまり、「円建ての保険」と「ドル建ての保険」、どっちがおすすめ?(次のページへ続きます)

1 2
ねこ先生

家計の時間ライター

ほけんの時間のナビゲーターであり、ファイナンシャル・プランナーの資格を持つねこ先生。出身は東京都。三代続く江戸っ子の家系。親戚や家族は多いけどプライベートはナイショが多い。普段のごはんはカリカリだけど、たまに食べるスープが大好物。ねこならではの公平な視点で、素朴な疑問に答えてくれるみんなの味方。

人生でマイホームの次に高い出費は
PAGE TOP ↑