【簡単ソーイング】10分で完成!100均の「手ぬぐい」を「子どもスカート」にリメイク♪

【簡単ソーイング】10分で完成!100均の「手ぬぐい」を「子どもスカート」にリメイク♪

ここ最近、夏になると、100円ショップにはかわいい手ぬぐいがたくさん並ぶようになりましたね。

100円ショップの手ぬぐいは、四隅の端の処理がされているものが多く、ほつれにくいので、簡単ソーイングにとってもおすすめ。
乾きやすい綿素材なのも、夏の子ども服にぴったりです。
ミシンがなくてもご安心を。手縫いでも作れる、手ぬぐいリメイクスカートをご紹介します!

材料はたったの3つでOK♪アレンジ自在な「手ぬぐいリメイクスカート」

【簡単ソーイング】10分で完成!100均の「手ぬぐい」を「子どもスカート」にリメイク♪

デザインは、着心地を重視して、ウエストにゴムを2本入れています。もっと簡単にしたい方は、入れるゴムは1本だけでももちろん大丈夫!
裾にはコットンレースをつけていますが、これもお好みで、つけなくても大丈夫です。
いろいろアレンジできるのが、手作りの楽しいところですね!

【簡単ソーイング】10分で完成!100均の「手ぬぐい」を「子どもスカート」にリメイク♪

<材料>

  • 100円ショップの手ぬぐい(90cm×33cmくらいのもの)
  • 8コール(幅6mm)のゴム
  • レースやリボンなどの飾り(お好みで)

ゴムの長さは、「お子さんのウエスト×0.75センチ」の長さのものを、2本用意してくださいね。

ご参考までに、我が家の標準体型のサイズ120を着ている長女は、42cm。
サイズ110の次女は、40cmの長さのゴムを、それぞれ2本ずつ使いました。

所要時間は約10分!手ぬぐいスカートの作り方

【簡単ソーイング】10分で完成!100均の「手ぬぐい」を「子どもスカート」にリメイク♪

  1. 裾にレースを縫いつける

    この工程は省いても問題ありません。我が家のサイズ120の長女には、手ぬぐいだけだとちょっと短めなスカートになってしまうので、幅が広めのレースをつけました。

  2. 脇を縫う

    あとでゴムを入れるために、上から5mm縫ったら、その下2.5cm分は縫わないで開けておきます。
    縫い代は、適当でOK。私は、もともとの手ぬぐいの縫い目に沿って縫っています。

  3. 【簡単ソーイング】10分で完成!100均の「手ぬぐい」を「子どもスカート」にリメイク♪

  4. 脇を縫えたら、縫い代を割り、開けておいたゴム口を、図のように縫います。

  5. 【簡単ソーイング】10分で完成!100均の「手ぬぐい」を「子どもスカート」にリメイク♪

  6. ウエスト部分を、3.5cm折り返して、上下のラインを縫い代5mmで、一周縫います。 上下2本縫ったら、その真ん中部分も同じように縫います。

  7. ゴム口から、ゴムを2本入れて完成!

  8. 【簡単ソーイング】10分で完成!100均の「手ぬぐい」を「子どもスカート」にリメイク♪

最近は、ゴムやレースも、100円ショップで手に入るので、1枚200~300円くらいでスカートができちゃいます。

ちょっと失敗しても、縫い目が曲がっちゃっても、全然大丈夫! もちろん、手縫いでもかわいく仕上がります。

【簡単ソーイング】10分で完成!100均の「手ぬぐい」を「子どもスカート」にリメイク♪

手ぬぐいの柄や、合わせるレースやリボンの組み合わせ次第でスカートのデザインは無限大! どんなスカートにしようかな?とお子さんと一緒に考えれば、楽しさもアップしそうですね!

ほんだ かず

パーソナルスタイリングサロンfleurir代表

整理収納アドバイザー&パーソナルスタイリストをしながら、3人の子育て中。 自身の経験から「ママが笑顔でいられると、家庭は円満!」だと強く実感。 家を整え、似合うファッションを知ることで、女性がより人生を豊かに楽しめるようサポート中。 趣味は、手芸。今はレザークラフトに熱中し、「自分の為の靴を自分でデザインし、自分で作る」教室へ行くことが最大のストレス解消。 「一日一回は子どもたちを大笑いさせること」が、毎日の小さいけれど大きな目標。笑ってくれないときは、くすぐり攻撃で、意地でも笑わせちゃいます!

関連キーワード

人生でマイホームの次に高い出費は
PAGE TOP ↑