知らないと損?人間ドックが格安で受診できる「補助金制度」

知らないと損?人間ドックが格安で受診できる「補助金制度」

健康維持や、病気の発見に役立つ人間ドック。できれば定期的に受けて自分のからだをチェックしておきたいものですが、その費用は基本的な検査項目で2~6万円程度、全身くまなく調べるには10万円以上かかることもあり、気軽におこなえるとはいいがたい金額です。

そんな人間ドックにかかる費用に自治体から補助金がでる制度があることを、ご存知ですか? 今回は、自治体をはじめ、けんぽや民間保険の補助金制度を使い、格安で人間ドックを受ける方法を調べてみました。

【国民健康保険】人間ドックの補助金を申請

国民健康保険に加入している方は、市区町村の役所で人間ドックの助成金を申請できるケースがあります。基本的に1年度に1回の申請になります。

お住まいの市区町村によって対象年齢や補助金額はさまざま。また、補助金を受け取るタイミングも違いますので、まずは市区町村の役所にお問い合わせください。

市区町村の健康診断もある

また、人間ドックではありませんが、多くの市区町村では国民健康保険の加入者向けに健康診断を行っています。こちらも自治体によって条件は違いますが、無料で受けられる自治体も多く、基本的には1,000円以下と手ごろな金額で受診できます。

【社会保険】健康保険協会、健康保険組合の補助制度を利用

会社員の方は、社会保険を利用して人間ドックの補助を受けることができます。
たとえば、中小企業の加入が多い協会けんぽであれば、指定医療機関に事前予約をすると、格安で人間ドックを受けられます。

健康保険組合によって、対象年齢や補助内容は異なりますので、ご加入されている健康保険組合にお問い合わせください。

一例をあげてみると、NTT健康保険組合の場合は、通院ドックが6,000円、関東ITソフトウェア健康保険組合だと1日人間ドックが10,800円、2日間人間ドックが21,600円で受診できます。

【生命保険】提携クリニックで割引サービス

民間の生命保険の付帯サービスで、人間ドックの割引があることも。

生命保険会社によってサービスはさまざまです。

  • 優待割引がある(最大30%の割引があるところも)
  • 提携している人間ドック施設を紹介してくれる
  • 人間ドックの手続きを代行してくれる

もしも、生命保険に加入されているのであれば、ご加入されている生命保険会社や損害保険会社に問い合わせてみるといいでしょう。

【番外編】人間ドックでポイントを貯める

割引サービスではありませんが、人間ドックを受診するとポイントが貯まるサービスもあります。

T-POINTが貯まる「MRSO」

補助金,助成金,人間ドック,健康,医療費

MRSO」は病院やクリニックに直接予約するよりも、割安で受診できる独自のメニューになっています。また、T-POINTが受診費用の最大7%貯まります。費用の横に受診したら貯まるT-POINTが記載されているので、いくら貯まるのかがひとめでわかります。
※健康保険組合の補助を利用する場合はT-POINTは貯まりません。

Pontaポイントが貯まる「ここカラダ」

補助金,助成金,人間ドック,健康,医療費

同じく人間ドックの予約サイト「ここカラダ」では、費用に応じてPontaポイントが最大3%貯まります。普段Pontaポイントを貯めている方であれば、お得感がありますね。

健康診断では検査されない項目を検査できる人間ドック。一昔前と比べたら費用は安くなってきてはいますが、それでも数万円~十数万円の出費になります。
補助金をかしこく利用しながら定期的にからだのチェックをし、健康維持に役立てられるとよいですね。

かわなかりさ

家計の時間ライター

大阪出身。化粧品会社を経営している美容一家で育ち、ビューティーアドバイザーとしてたくさんの女性の悩みを解決。 出産後、食の細い娘のためにキャラ弁を作りをはじめ、その後キャラ弁講師となりイベントや雑誌に出演。現在は、シニアライフプランナー時代の保険コンサルティングの経験を生かし、子育て中の立場から、家計、保険、住宅購入などマネーのライターとして活躍中。

ほけんで税金対策なら
PAGE TOP ↑