【やってみた!】確定申告にも使える便利な「家計簿アプリ」Zaimを使ってみた!

【やってみた!】確定申告にも使える便利な「家計簿アプリ」Zaimを使ってみた!

家計簿というものは、なんでこう面倒なのでしょうか。正直、なかなか続きません。今まで、日記と家計簿を一緒につけられるものや、項目を細かく入力できるアプリなどたくさん使ってみましたが、どれも続けることができませんでした。そんななか、ズボラなわたしにピッタリなアプリを発見!ダウンロードして4ヶ月、まだまだ続いています!

レシートを撮影するだけの家計簿アプリ「Zaim」

zaim
Reference:http://zaim.net/

ホームページには「家計簿に挫折した84%がZaimなら続けられると回答」とのフレーズが。ホントかな?わたしはAndroidドユーザーなのでGoogle Playからダウンロードしました。

zaim1

ホーム画面はこんな感じ。恥ずかしいので残り金額とかは隠しました(照)。入力は「+」をタップして始めます。

zaim2

まず、レシート入力をします。レシートをもらったらすぐに撮影すると良いのでしょうが、ズボラなわたしはついついためてしまいます。あとから、ぐちゃっとしたレシートを発見することも。お恥ずかしい。

zaim3

こんなヨレヨレのレシートでも読み込んでくれるのかなと、一抹の不安をかかえながらパシャリ。

zaim4

おおお!読み取ってくれました!あとは空いている項目をタップして埋めていくだけです。

zaim5

項目も選ぶだけなので簡単。現金で買ったので支出元は「お財布」にしましたが、suicaやクレジットカードも選べます。これで入力完了です。

最高に便利なのは銀行やクレジットカード同期機能

日々の買い物はレシート入力できますが、インターネットでの買い物はクレジットカードでレシートがない上に引き落としは後日、だからといって銀行の取引を全部自分で入力するのは面倒です。そう、これがわたしの続かない理由。

しかし、Zaimにはかゆいところに手が届く便利機能がありました。

zaim6

「メニュー」画面の「カテゴリ設定」を選ぶと

zaim7

金融機関と連携できるんです。これは便利すぎる。
登録できる金融機関は約1,500!わたしが使っている銀行やクレジットカードは全部ありました。

zaim9

ここから選んだ金融機関の公式サイトに接続して自動管理ができます。
使用するには、ネットバンキングやWeb明細の設定が必要になりますが、便利なので設定して損はありません。

確定申告までアプリがサポート

確定申告や医療費控除などの、「よくわからないけど面倒、でもやらなきゃ」というものをサポートできるのもZaimの特徴。

うちは必要!? 確定申告

zaim13

個人事業主はもちろん、複数収入がある人、医療費控除を受ける人や、ふるさと納税を年末調整しなかった人などは確定申告が必要になります。
面倒な手続きもZaimが提携している会計ソフトと連動させれば、簡単に申告ができます。これは活用したいサービス!うちには関係ない…と思っていてもためしに簡単チェックしてみたら、実は還付金の対象だった、なんてことも!?

医療費控除で還付金をもらう!

zaim11

過去4年間と今年の支出のなかから、医療費の控除対象になる可能性があるかを判定できます!医療費の控除対象になる場合は、国税庁が配布する「医療費集計フォーム」に家計簿から医療費分を自動記入できます。
過去の医療費の領収書とにらめっこして記入しなくていいなんて、忙しいママの味方!

ひょっとしたら給付金をもらえるかも?

zaim12

自治体の給付金、いろいろあるとは思うけどよくわからない。それを、登録してある住所や家族構成、家計簿の記録から「この給付金もらえるかも!?」というのをチェックできます。
私立幼稚園補助金や私立高校の就学支援金など、ママが知っていたい給付金も自動でチェックできるので便利!

家計簿アプリによくある、円グラフや使った支出、収入の一覧機能などもバッチリ。しかもPC、スマホ両方で使えるので、夫婦で家計の把握が簡単にできます。他にもよく買うショップの特売情報などもこのアプリでチェックできちゃう!

いろんな機能が便利すぎる!といちいち感動していますが、特筆すべきは使いやすさ。スーパーで買い物をして、袋に詰める前にカシャとするだけでいいのは、ズボラなわたしにピッタリ!ズボラじゃない人にもオススメできるアプリです。

かわなかりさ

家計の時間ライター

大阪出身。化粧品会社を経営している美容一家で育ち、ビューティーアドバイザーとしてたくさんの女性の悩みを解決。 出産後、食の細い娘のためにキャラ弁を作りをはじめ、その後キャラ弁講師となりイベントや雑誌に出演。現在は、シニアライフプランナー時代の保険コンサルティングの経験を生かし、子育て中の立場から、家計、保険、住宅購入などマネーのライターとして活躍中。

人生でマイホームの次に高い出費は
PAGE TOP ↑