ホントは教えたくない。必ず安くなる!? 家電の値引き術

ホントは教えたくない。必ず安くなる!? 家電の値引き術

引っ越しや、故障などで買い替える家電製品。やはり、買い替えるなら欲しいものを手に入れたい反面、1円でも出費はおさえたいのではないでしょうか。 そこで本当は内緒にしておきたい、家電の値引き交渉の方法を今回特別に教えます!

step1:インターネットでの下調べは必須

まず欲しいものを決める

当たり前かもしれませんが、欲しいものを決めましょう。メーカー、出来れば型番、色まで絞り込むのが大事。ここだけは譲れない機能、魅力的だと感じたところや、ネットを見てもよくわからないと思ったことを、ある程度頭に入れておきます。

そして楽天、amazon、価格comなどで最安値を調べます。ここで、最安値のページをスマホに保存しておくと、あとで交渉するときに役立ちます。

step2:違う2店舗の家電量販店に行く

1件目ですること

家電量販店のスタッフは商品知識が豊富。ネットで調べてよくわからなかったことを教えてもらいます。実はこれが店員さんとのコミュニケーション。店員さんにとって「教えること」は気持ちがいいので、結構仲良くなれます。

そして、やっぱりこの商品が欲しい!と自分の気持ちを再確認したところで価格交渉を開始。

「これが欲しいんですが、安くなりませんか?わたしが調べた金額より高いので…」
と、言いながらスマホに保存した画面を見せます。

場合によっては
「ネットには人件費がのってまいせんから、その分安くだせるのですが…」
と言われます。ごもっともです。ですが、ここで引き下がれません。

「確かにそうですね。でもネットよりここで買いたいな。もし、ポイントを付けなければ、もう少し安くなりますか?」
と食い下がってみましょう。この一言で、わたしの経験では100%値下げしてくれます。

これで金額に満足した場合は、お買い上げしましょう。 ただ、その値下げした金額がネット価格と同程度だったり、対応が不満だなーと思ったら、家族に相談するのでと言い、見積表をもらい次のお店に行きます。

2件目は本命

2件目も同様に値下げ交渉をします。そのときに1件目の店舗名を出しましょう(重要)。基本的に家電量販店はライバル店に勝ちたいので、実店舗の割引にはかなり敏感です。
「この商品が欲しいのですが、こちらではおいくらになりますか?先ほど行った○○電機○○店ではいくらでした」と見積表を見せます。

時々「なぜそちらで買われなかったんですか?」と聞かれたりしますが、「こちらの店の会員なので」「店員さんの対応があまりよくなかったので」「こちらの店のほうが、品揃えが豊富だと思ったので」など、答えるとよいです。

これで確実に、1件目の店より値下げしてくれます。

step3:「在庫がありません」はさらなるチャンス!?

在庫がないとがっくりしますが諦めるのはまだ早い。今までかけた時間が勿体ありません!同じ色がない、そもそも商品の在庫がないというのは値引きチャンスにしましょう!

店頭の実機をさらに値下げして購入

在庫がないときに輝いて見える店頭見本。実機として触れられるものから、ただ飾ってあるだけのものもあります。実はこれら、交渉次第で購入可能なことをご存じですか?「在庫がないなら実機でいいから、安くしてください!」と言ってみると、ひょっとしたらすごく安く買えるかもしれません。

他の商品を選ぶ

仕方なく同じような性能で、他商品を選んだときに「グレードが高いものならある」という場合が。もちろんグレードが高いと値段も上がります。そこで「先ほどの価格と同じになりませんか?」と聞いてみると、同価格になることが!
逆にグレードが低い場合、「グレードが違うので安くなりませんか?」と聞いてみましょう。

家電を選ぶ時期は、新商品が発表される直前がオススメ!家電量販店は商品入れ替えのために、一斉値下げを行います。この時期はネットより安くなることがあるので要チェック。

複数の家電を購入する場合は、買いたい商品をすべて一括で見積もりを取ると、1点ずつ購入するよりはるかに安くなることも。

そして、店員さんにはあくまでも丁寧に、物腰やわらかくお願いすることが大切。相手も人間です。いくら商売とはいえ、むかつく客に値引きしたくありません(笑)。お互い気持ちよく、楽しいお買い物をしましょう。

かわなかりさ

家計の時間ライター

大阪出身。化粧品会社を経営している美容一家で育ち、ビューティーアドバイザーとしてたくさんの女性の悩みを解決。 出産後、食の細い娘のためにキャラ弁を作りをはじめ、その後キャラ弁講師となりイベントや雑誌に出演。現在は、シニアライフプランナー時代の保険コンサルティングの経験を生かし、子育て中の立場から、家計、保険、住宅購入などマネーのライターとして活躍中。

関連キーワード

ほけんの時間の無料家計相談
PAGE TOP ↑